福岡駅・山下歯科医院

/ 講演記録 /LECTURE RECORD

ITIコングレスジャパン 講演

2022.06.09(木)

2022年5月28-29日 東京 虎ノ門ヒルズ

“Evolution of Implant Treatment driven by Technology” 『テクノロジーで進化するインプラント治療』をテーマに、ITIコングレスジャパンが2022年5月28日(土)~29日(日)の2日間、1,500名におよぶ参加者で盛大に開催されました。

 

私も、「Biomaterialを用いた組織再生」セッションにおきまして、座長:丸川恵理子教授、演者:奈良嘉峰先生と私で、今最も話題となっているストローマンRFT(リフィット)とエムドゲインについての講演を行いました。

 

以下、抄録です。

「HAp/Col ナノコンポジットとEMDを用いた骨再生」

Hap/Colナノコンポジット(ストローマンRFTデンタル)は、現在、世界的に類を見ない骨補填材である。その特長は、「限りなく生体骨に近い構造」にある。ナノテクノロジーにより、HAp crystalとCollagen分子をナノレベルで合成した生体模倣ナノコンポジット(Biomimetic Nano-composites)であり、早期に生体に吸収置換される。さらに、このHap/Colは骨再生を促進する能力を有しており、今までにない次世代型骨補填材といえるだろう。

私は、このHAp/ColとEMD(Emdogain®)さらに半導体レーザーを併用することにより、in situ Tissue Engineeringの新たな可能性を模索している。今回は、HAp/Colを用いた症例を通じて、まさに「限りなく生体骨に近い骨質」を供覧し、また、骨の再生ボリューム確保のための術式についても提示したい。

寝てるわけではありません。。

 

 

 

歯周病専門医 歯周病予防、再生治療

山下素史

日本臨床歯周病学会第39回年次大会講演(メインスピーカー)

2022.01.17(月)

2021年7月10日Web開催

日本臨床歯周病学会第39回年次大会がwebで開催されました。

今回は、私も臨床講演のメインスピーカーとしてお話しさせていただきました。

(ありがたいことに次回40周年記念第40回年次大会でも講演演者になっております)

大会のテーマは「歯周治療から始める健康長寿への道」というなかなか壮大なテーマであったのですが、私も講演タイトルを「超高齢社会において再生療法をどう捉えるか?-高齢者と若年世代への再生アプローチ-」とし、一見矛盾する「高齢者」と「再生」というものを結びつけて論ずる試みを行いました。

これからの超高齢社会において、我々の診療でも高齢者の患者さんの再生治療を行う機会が増えてくるであろうことにおいて、高齢者に特有の生物学的変化や、実はあまり知られていないことですが、「幹細胞は老化する」という事象に対して、我々がどのように対処するか。半導体レーザーを用いた新しい低侵襲な再生テクニックについて解説を行いました。

また、「超高齢社会であるからこそ、若年世代の歯周病についてもっと我々歯科医師が注目しなければならない!」という日頃から私がよく言っていることも講演でお伝えすることができました。まさに人生100歳時代になるであろう今の若い人たちの歯を長い生涯保たせるには、できるだけ早くに歯周病の芽を摘んでおかなければなりません。我々歯科医師が若い人たちの歯周病が進行していく「わずかな兆候」を見逃さないようにしなければなりません。

最後に講演の締めくくりとして、慶應義塾大学百寿総合研究センターと英国ニューカッスル大学の共同研究チームが行なった2015年の研究をご紹介しました。1,554名の高齢者(100歳以上・684名、100歳以上の高齢者の直系の家族・167組、85~99歳の高齢者・536名)を対象に、長寿に関係があるとされる造血能、代謝、肝機能、腎機能、テロメアの長さ、各領域のバイオマーカーを測定し、何が最も共通しているかを調べました。

その結果、各領域バイオマーカーのうち、炎症の低さ だけが85-99歳、100-104歳、105歳 以上のすべての年齢群において有意に余命と関連していたことが判明しました。(また、百寿者や百寿者の直系子孫ではテロメア長がより長く保たれていることもわかりました。)

まさに、健康長寿はいかに歯周病(炎症)のない状態で人生を送るかにかかっていると思います。

 

大阪大学(ITISC)にてWEB講演

2021.12.01(水)

2021年10月21日

大阪大学歯学部の前田芳信教授にお招き頂きまして、ITISC 大阪大学にて講演させていただきました。

今回は「インプラント治療における再生アプローチ-in situ Tissue Engineeringを中心に-という演題で、私が現在まで行ってまいりました、低侵襲で確実な骨造成の様々なテクニックについて、理論から臨床までお話しさせていただきました。

開業医であっても「いかに患者さんへの侵襲が少なく、かつ確実に骨の再生ができるか」ということにつきましては、これからも探求していく私のテーマであります。

とくに、現在国内でも先駆けて取り組んでおります新素材である、次世代型ナノコンポジット材料「HAp/Col」(リフィット、ストローマンRFT)について、現在わかってきた特性についてもお話しさせていただきました。これは早期に自分の骨に置き換わる非常に素晴らしい骨再生材料です。

今後も新しい技術や方法をこれからも歯科再生医療のために伝えていく所存です。

歯周病専門医 山下素史

 

1 2 3 4 5 6 16
 

山下歯科医院歯周再生・インプラント研究所

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目13−6 西鉄天神ビル 8F
  • 診療時間 日祝
    9:30~13:00
    14:00~18:00
    休診日 土曜午後・日曜・祝日
  • - 初診の患者さんへ

    当院は予約制で診療を行っております。お待たせすることのないように、お電話にてご予約をお取りいただき、ご来院ください。

    - 急患の患者さんへ

    なるべく当日中の診療を心がけておりますが、ご予約なしでご来院いただくと混雑状況によりすぐにご案内できない場合があります。お待たせしないためにも、一度お電話にて症状をお伝えいただき、ご予約をお取りください。