福岡駅・山下歯科医院

/ 講演記録 /LECTURE RECORD

ストローマン歯周外科再生ハンズオンコース[満席]

2022.01.17(月)

3月に福岡にて歯周外科、骨造成のハンズオン(実習)コース

去年10月の大阪でのコースに引き続き、福岡でも開催することになりましたが、ありがたいことに募集後、1日で満席となってしまいました。コロナ禍ということもあり、実習コースで機材の関係もありますので、どうしても定員を増やすことが出来ません。

現在、問い合わせが私のところにも多く来ておりますが、次回の開催、開催地は未定です。

大阪大学(ITISC)にてWEB講演

2021.12.01(水)

2021年10月21日

大阪大学歯学部の前田芳信教授にお招き頂きまして、ITISC 大阪大学にて講演させていただきました。

今回は「インプラント治療における再生アプローチ-in situ Tissue Engineeringを中心に-という演題で、私が現在まで行ってまいりました、低侵襲で確実な骨造成の様々なテクニックについて、理論から臨床までお話しさせていただきました。

開業医であっても「いかに患者さんへの侵襲が少なく、かつ確実に骨の再生ができるか」ということにつきましては、これからも探求していく私のテーマであります。

とくに、現在国内でも先駆けて取り組んでおります新素材である、次世代型ナノコンポジット材料「HAp/Col」(リフィット、ストローマンRFT)について、現在わかってきた特性についてもお話しさせていただきました。これは早期に自分の骨に置き換わる非常に素晴らしい骨再生材料です。

今後も新しい技術や方法をこれからも歯科再生医療のために伝えていく所存です。

歯周病専門医 山下素史

 

ストローマン骨補填材発売記念Web セミナー

2021.08.03(火)

7月21日(木)8月22日(日)

ストローマン社が今回新たに発売しました「ストローマンRFT デンタル Straumann RFT dental」と「ストローマンAXデンタル」の記念セミナーの講演を行いました。定員の500名を大幅に超える参加登録がありました。

私はストローマンR F T(リフィット)HAp/Col の特性と症例の供覧を行わせて頂きました。多くの先生から反響がありました。このRFTの再生能力は従来の骨補填材とは異なり、驚くべきものがあります。その理由は生成段階にあり、実はナノテクノロジーが応用されています。

まさに次世代型の今後主流になるであろう骨再生材料と言えます。

8月22日の講演も500名を超える申し込みいただき、関心の高さがうかがえました。

(講演後の参加者からの質問が大量に来ました。。)

 

 

歯周病専門医 山下素史

Motofumi Yamashita D.D.S.

 

※ストローマン骨補填材発売記念Web セミナー

ストローマン社の骨補填材の発売を記念して、申基喆先生(明海大学歯学部教授)、山下素史先生(福岡市開業)2 名の臨床家に「ストローマンRFT デンタル」と「ストローマンAXデンタル」についての特徴、使用方法について臨床症例を交え、ご講演いただきます。本イベントについてのご質問は、弊社担当営業までお問い合わせください。

 

1 2 3 4 5 6 10
 

山下歯科医院歯周再生・インプラント研究所

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目13−6 西鉄天神ビル 8F
  • 診療時間 日祝
    9:30~13:00
    14:00~18:00
    休診日 土曜午後・日曜・祝日
  • - 初診の患者さんへ

    当院は予約制で診療を行っております。お待たせすることのないように、お電話にてご予約をお取りいただき、ご来院ください。

    - 急患の患者さんへ

    なるべく当日中の診療を心がけておりますが、ご予約なしでご来院いただくと混雑状況によりすぐにご案内できない場合があります。お待たせしないためにも、一度お電話にて症状をお伝えいただき、ご予約をお取りください。